注文住宅や土地を購入する~将来を考えた選択~

土地を購入する

あのイベントが地価を引き上げている

リーマンショックで下落して以来、首都圏の地価は回復を続けていました。今では、リーマンショックによる影響は落ち着いています。しかし、この上昇の傾向は今後も続くことが予想されています。その理由は東京オリンピックです。5年後となった東京オリンピックのために、国はインフラの整備を続けています。災害が多い国である日本なので、防災対策も進めなければなりません。インフラ整備に防災対策が進めば、街はとても住みやすい環境が整います。そのような土地であれば、需要は当然高まります。結果、土地の値段は上がっていくというわけです。オリンピックが5年後であることを考えると、上昇が続く期間はとても長いものがあります。その間上がり続けるとなると、かなりの地価上昇となります。首都圏での土地の購入を検討している方は、早めに行うのが賢明であると言えるでしょう。

もう一つ忘れてはいけないこと

オリンピックも大事なイベントですが、もう一つ忘れてはならないイベントがあります。消費税の増税です。これがイベントなのかどうかはともかく、土地購入を検討している方にとっては忘れてはならないことです。土地については消費税は掛かりません。土地は消費するという考え方が当てはまらないためです。では、消費税による影響はないのかと言われれば、そのようなことはありません。土地のみの購入というのは珍しい話です。たいてい建物を一緒に買うことになります。建物の購入は、消費税増税の影響を受けます。建物が高くなれば、土地の購入もしにくくなります。結果として、土地の購入にも影響が及ぶのです。不動産の購入は慎重に行うべきです。ですが、首都圏で購入するという方は、多少急いだ方が良いでしょう。